閉じる

ママの健康と、赤ちゃんのために。

送料全国一律220円(税込)

ヤマノカスタマーサポートセンター フリーダイヤル0120-530-198 平日 9:00〜20:00 / 土曜 9:00〜17:00

  • マイページ
  • カートの中を見る

妊娠と葉酸の大切な関係とは

葉酸は妊婦さんが積極的に摂る必要のある栄養素として注目されていますが、妊娠中に葉酸を摂った方がいいらしい、または妊娠が分かって産婦人科にいくと葉酸サプリをすすめられたから・・・と葉酸の必要性をしっかり理解していないまま葉酸を摂る方も多いようです。

また、葉酸摂取を推奨されている妊婦さんでさえ葉酸不足を指摘されている現状です。産まれてくる赤ちゃんのためにも正しい知識を持って妊娠準備をはじめましょうね。

妊娠と葉酸の大切な関係

葉酸 細胞にあるDNAを作るサポート

胎児は1個の受精卵から細胞分裂を繰り返して成長していきます。葉酸はその細胞にあるDNAを作るサポートをする大事なビタミンで、体の造血をサポートするはたらきもあるといわれています。

DNAが正常に作られることで、細胞がきちんと作られ、脳や神経など生きていくために重要な部分も作られていくので、お腹の中で育つ赤ちゃんの成長に葉酸は欠かせないビタミンなのです。

妊娠初期というのは人間の成長においてもっとも細胞分裂が盛んな時期といえます。だいたい受胎してから1ヵ月ぐらいまでが細胞分裂の非常に活発な胎児期なのです。

この細胞分裂が活発な胎児期に葉酸が不足すると、無脳症や神経管閉鎖障害による病気がおこるリスクが高くなるといわれており、厚生労働省や産婦人科も妊娠を計画している女性に対して葉酸摂取を推奨しています。

神経管閉鎖障害って何?

神経管閉鎖障害って何?

神経管閉鎖障害は妊娠初期の器官形成期に、胎児の脳や神経を形成する過程でおこる先天異常です。
代表的なものとして「二分脊椎症」や「無脳症」があげられます。

赤ちゃんのために妊娠を計画したらはじめましょう!

1日400μgを目安に摂取

妊娠に気づいてから栄養管理を始める方も多いと思いますが、葉酸は胎児の神経系障害のリスクを低減させるために、妊娠を希望する女性は妊娠1ヵ月以上前から1日400μgの摂取を、食事以外に栄養補助食品
(サプリメント)で摂取することが望ましいと厚生労働省が発表しています。

また、体質改善にかかる時間も考えるともう少し早く摂りはじめることが必要と言えそうですね。
妊娠を計画したら、未来の赤ちゃんのために栄養管理をしっかりはじめましょう。

栄養管理と葉酸摂取の目安

栄養管理と葉酸摂取の目安

妊娠前400μg

妊娠に気付くのは妊娠2カ月を過ぎている事が一般的ですが、その時期には赤ちゃんの大事な神経が出来始めています。
いつ妊娠してもいいように、妊娠前から葉酸摂取を心掛けましょう。

妊娠中480μg

妊娠中も赤ちゃんの細胞分裂は続いており、健やかな赤ちゃんが育つように妊娠中も葉酸摂取が推奨されています。

出産後(授乳中)340μg

葉酸には赤血球の生産の働きもあるため産後の悪性貧血予防、良質な母乳のためにも葉酸が大切です。

欧米では当たり前の「葉酸」

欧米では妊娠中はもちろん、将来妊娠をする可能性がある女性たちは日頃からの葉酸摂取が高く意識されています。その結果、神経管閉鎖障害の発症リスクが低減してきたというデータも出ているほどです。

日本でも葉酸の摂取意識が少しずつ高くなってきているようですが、先に述べたようにまだ多くの方は妊娠に気づいてから産婦人科などで葉酸のことを知って栄養管理を始めるのが現状です。

ベビ待ち中の女性は日頃から積極的に葉酸の摂取を心がけて頂けたらと思います。

ベビカム 日本最大級の妊活・妊娠・育児サイト「ベビカム」もおすすめする“ヤマノの葉酸サプリ”

妊娠初期症状から出産・育児、不妊などのお悩み解決するコミュニティーサイト「ベビカム」にてヤマノの葉酸サプリを紹介、おすすめして頂いています。

ページのトップへ