加齢臭対策のポイント

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 加齢臭対策のポイント 

 
 

加齢臭対策のポイント

 

 

加齢臭・介護臭と向き合おう


子供の時に「おじいちゃんは、なんだかクサイ!」なんて思ったことはありませんか?

 

人に向かって「臭い」なんて言うのは、いくら身内でもできないし、避けるわけにもいかないし(実際はクサイといって洗濯物を分けられたり、避けられてしまうかわいそうなお父さんやおじいさんもいらっしゃることでしょうね。)・・・でも肝心の本人は自分のニオイには全く無頓着だったりして・・・

 

40歳を過ぎる頃から、体臭が目立つようになり、世間一般ではこれを「おやじ臭い」などと言ったりしますが、これは年令と共に発生する「加齢臭」が原因です。加齢臭には、体臭だけでなく、口臭や便臭なども含まれます。頭の先から足の先まで加齢と共に発するニオイが強くなるのです。

 

歳を取るに連れて新陳代謝が鈍くなり、老廃物や過酸化脂質が表皮ににじみ出て酸化したり、表皮の細菌が発酵することで、「ノレナール」という物質ができ、これがニオイの原因となります。ノレナールは男性も女性も同様に分泌されますが、女性の方がニオイに気を遣ったり、それから皮脂の分泌や発汗が男性よりも少ないために、男性の方がニオイが目立つのです。

 

生理現象ですから、これを撲滅することはできませんが、できることならば、なんとかしてニオイの元を少しでも減らしたいと思うのは、本人も周りの人も願うところでしょう。

 

特に介護が必要なお年寄りと一緒に住んでいる場合、掃除してもお風呂に入ってきれいにしていても、部屋に残るニオイが思いがけず家族のストレスになったりしている場合があります。人間は自分のニオイには意外と気付かないものですが、周囲の人たちはそれを瞬時に感じ取ります。一度気になりだすと、ニオイばかりに意識が行ってしまって、側にいてあげたいという気持ちはあっても、ケアする側の精神的、心理的な負担がかかり、介護をより苦痛なものにしてしまう場合もあります。

 

介護されるお年寄りの中にも、自分では思うように動く事が出来ない状況の中で、自分のニオイで周囲に迷惑をかけているのではないかという恥ずかしさを抱え、介護されることに居心地の悪さを覚える方もいらっしゃるようです。

 

大事なおじいちゃん、おばあちゃんの近くにもっといたい、気持ちよくお世話してあげたいという方に好評を得ているのが、介護用消臭用トローチ「ラクトファイバーエチケット」です。「ラクトファイバーエチケット」は、お腹の善玉菌を増やす乳酸菌生産物質と緑茶に含まれるカテキンの相乗効果でニオイの元を断つ画期的な製品です。自然由来の物質で作られていますので、お子様からお年寄りまで安心してお召し上がりいただけます。

 

トローチ状の製品ですから、介護される方のお気持ちを害することなく、あめ玉のようにお勧めして飲んでいただくことができるということから、介護臭にお悩みの方の間で「介護用消臭トローチ」としてTVショッピングでも紹介されています。


加齢臭の原因と対策


日本人は体臭が極めて少ない民族として知られてきましたが、それは低脂肪高繊維質、植物性食品が中心の食生活と多いに関係があったようです。つまり、和食は体臭を発生させにくいのです。ところが戦後の食生活の大きな変化により、日本も高たんぱく高脂肪―特に肉や乳製品等の動物性脂肪過多の食事に移行したことで、より体臭が発生しやすくなってきているのです。

 

動物性脂肪の酸化がニオイの発生源となりやすいのですが、ではこの脂肪を酸化させる原因にはなにがあるのでしょうか。 

 

喫煙・飲酒・ストレス、不規則な生活・脂っこい食事

 

体内の活性酸素は生活習慣病の元にもなりますから、ニオイの予防のためだけではなく、健康で長生きするためにも活性酸素対策は不可欠です。しかしたとえ健康的な生活を送っていても、人間が生きて呼吸をしている以上、体内での活性酸素の発生は避けられませんから、抗酸化作用の高い食品やその補助に健康補助食品(いわゆるサプリメント)を摂取するのもおススメです。

 

★抗酸化作用でよく知られる食品

ポリフェノール

お茶のカテキン 大豆のイソフラボン ブルーベリーのアントシアニン

 

カロチノイド

トマトのリコピン にんじん、パセリ、ほうれん草のβカロチン みかん、柿、カボチャの種のβクリプトキサンチン

 

ゴマグナリン ゴマ

 

また、食物繊維の豊富な食品をたくさん食べて規則正しいお通じを心がけることで、体内での発酵や腐敗を防ぎ、ひいては口臭や便臭を抑えることができます。便秘している時のオナラはクサイですよね。これは、腸内で老廃物が発酵して悪臭を発生させるからです。

 

1日に必要な食物繊維の量は20-25g。ただし、お腹の掃除をしてくれるといわれる繊維質も摂り過ぎると体に必要な栄養素を一緒に排出してしまいます。また、最近、食物繊維食品として寒天が大流行していますが、寒天ばかり食べていても栄養が偏ってしまいますから、様々な食品を組み合わせて繊維質の多い食事を摂るように心がけましょう。白米よりも食物繊維を4倍も含む玄米に切り替える、または白米に玄米を混ぜるとか、日本食とは切っても切り離せない大豆等の豆類や、ひじきや切干大根といった乾物も食物繊維が豊富で栄養豊かな食品です。

 

★食品100g中に含まれる食物繊維の量

芋、デンプン類 シラタキ3.6g、サツマイモ2.3g

果物 干しブドウ4.1g、バナナ1.7g、キウイ2.9g、リンゴ1.3g

野菜 ニンジン3.5g、オクラ4.9g、ホウレンソウ4.3g

悪臭源は根本から取り除こう


スプレー、芳香剤、洗剤、壁掛けからぬいぐるみまで、様々な消臭グッズが売られていますが、ニオイの元が体内にあるのならば、お部屋にどんな消臭対策をしてもダメ。歯を磨いたり、食べ物に気をつけたり、清潔を心がけたりと、日常生活の中で注意を払うことでニオイを軽減させることはできますが、ニオイの元が体内にある限り、この根本に働きかけなくては本当の消臭軽減はできません。

 

日常の食生活や生活習慣の改善に、乳酸菌生産物質と緑茶カテキンの組み合わせによるラクトファイバーエチケットをプラスして、健康的に体の中を隅々までクリーンに保ちましょう。



 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-17:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp



 

| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |