HOME > マカを知る > 効果・効能に関するQ&A

Q&A マカの効果について

今回のマカの効果に関する質問には、ペルーのアンデス植物療法研究所IPIFAという研究所に加盟している先生達にもお答え頂きました。IPIFAは1983年に伝統的薬用植物による植物療法を受けにきた外国人患者の対応のために設立されました。

※下記はペルー専門家によるそれぞれの知識と見解になります。
実際の医学的な効果効能を保証するものではございません。

マカは妊娠したい方に大きな支持をされていますが、マカのどの成分が作用して妊娠に繋がっているのですか?

マカを摂ることで、女性のみならず男性(精子の数を増やしたり、質を上げる)の両方ともが受精力をあげることは、数多くの臨床結果で明らかになっています。しかし、マカのどの成分かまでの特定は究明されていません。【医師:マラスピーナ氏】

マカは更年期の女性にも良いといわれていますが、どのように良いのでしょうか?

植物性ホルモン(ステロール)によって生殖器の機能改善を引き起こすのではないかと思います。抗ストレス活性の効果も引き起こされると考えます。【医師:マラスピーナ氏】
更年期の女性にマカエキスを与えると大抵の場合、症状が治まります。【薬物学者:フェレイラ氏】
更年期を患っている女性にのみマカが効果的なのではなく、精神神経症状そして自律神経失調症に与えるマカの影響も調査されています。マカの効果は植物性エストロゲンと似たような効果ですが、他にも抗酸化剤や抗うつ剤への効果にも関係があるでしょう。【代替医療教授:ヴィジャール氏】

マカは妊娠や更年期以外にどんな方におすすめしますか?

更年期障害の予防や、生理によって引き起こされる機能変動の調節、身体能力や知的能力の改善、鉄乏性貧血、ストレス発散などマカは他にも色々な使用方法があります。【医師:マラスピーナ氏】
うつ病、過度なストレス、早期老化、骨粗鬆症、前立腺肥大を患っている方々や、知的能力の向上、栄養値を上げるためなどにおすすめします。【代替医療教授:ヴィジャール氏】
抗酸化物質によりマカは糖尿病、がん、血管疾患、そして脂質異常症にも効果があります。動物実験では、コレステロール値の減少、中性脂肪値の減少がみられました。【薬物学者:フェレイラ氏】
IPIFAの臨床経験では、マカでの治療は変形性股関節炎や関節炎、ストレスや不妊症に効果的でした。また癌の治療でも抵抗力が上がる結果が出ました。【IPIFA】

運動をする方にとっては、マカはいつ摂るのが適していますか?

私自身の経験では、体力を付けるためにマカは必要に応じて毎日摂ることが一番大切です。マカを摂ってもすぐには効果が出ないため、運動の直前や直後に摂っても無意味に等しいです。運動をするときは、朝食時に摂ることが一番のおすすめです。【医師:マラスピーナ氏】
一般的にマカはエネルギー効果があるので、アスリートの方は継続して摂ることが非常に重要です。【代替医療教授:ヴィジャール氏】
朝食時にジュース、またはヨーグルトとマカを摂るのがおすすめです。これで、多くのエネルギーが与えられます。【IPIFA】

日本では高齢出産が当たり前で40代で妊娠を希望される方も多くいらっしゃいます。そんな方々にもマカの効果は期待できますか?

心身共によい健康状態である女性であれば、高年齢であってもマカを摂る価値はあると思います。【医師:マラスピーナ氏、産科医:サリナス氏、代替医療教授:ヴィジャール氏】
マカはサプリメントで、不妊の方に素晴らしい補助をすると考えています。マカを薬とは考えていません。【IPIFA】

夫婦二人ともマカを摂った方が妊娠する確率も上がります。男性と女性両方がマカと摂る事で受精の確率が上がることが知られています。【医師:マラスピーナ氏、産科医:サリナス氏、代替医療教授:ヴィジャール氏】