フリーダイヤル0120-530-198 平日9:00〜18:00まで

株式会社ヤマノ

ストレスにマカがいいの?

ヤマノのマカ研究者“内山教授”に聞きました!なぜストレスにマカがいいの?

ストレス社会、ストレスフルな毎日....ストレス=良くないものというイメージが強いのですが実は良いものも悪いものもあり、そのバランスが重要です。そのストレスに反応する身体は多くのエネルギーを消費します。マカはその消費されるエネルギーを補い身体バランスをコントロールする力を持っているのです。

ストレスのない生活はありません。

ストレス社会の現代では、毎日がストレスの連続ともいえます。一般的にストレスの原因で多い仕事や人間関係のストレス、育児や夫婦関係など私生活のストレス、それ以外にも将来の心配や、体のケガや肩こり、ストレスになる要因は挙げればきりがない程です。それだけにストレスに負けないからだ作りというのは、より良い毎日を過ごすために非常に大切なことです。また社会での活躍が増えている女性は、特にストレスにさらされる機会が多いという事もいわれています。

女性がストレスに敏感って本当?

女性はストレスの影響でホルモンバランスが乱れやすくなります。ホルモンバランスの乱れは、月経不順、不正出血、肌荒れ、自律神経失調症、不妊症、更年期障害など女性特有の様々な症状に繋がってしまいます。詳しく説明すると、女性ホルモンは脳がコントロールしているので、過度なストレスにさらされると、ストレスに対処することを優先して、通常の機能の一部が低下してきます。その影響を受けやすい場所(視床下部と下垂体)の機能において、一部コントロールがうまくいかなくなるのです。

「Check Point」ストレスが増している中で、さらに女性はストレスに影響を受けやすいとなれば、ストレスとどのように付き合っていくか真剣に考える必要がありますよね。

ヤマノのマカ研究者“内山教授”に『マカとストレス』について教えてもらいました!

女性にとっては大切なホルモンバランスに影響してくる「ストレス」。
では、そんなストレスにマカがどのような作用をするのか、ヤマノのマカを共同研究している中村学園大学の内山教授に聞いてみました。

まずはストレスについて、詳しく教えていただけますか。

そもそもストレスにはこんなにも種類があることをご存知ですか?

【心のストレス】

体のケガや病気などからくるストレスです。ケガの場合、急性のストレスに対応して治癒していきますが、衝動的なケガをしたときはその記憶が外傷後ストレス障害という形で長引くことがあります。

【体のストレス】

体のケガや病気などからくるストレスです。ケガの場合、急性のストレスに対応して治癒していきますが、衝動的なケガをしたときはその記憶が外傷後ストレス障害という形で長引くことがあります。

【科学的ストレス】

外部からの化学物質の刺激によるストレスで、大気汚染物質、医薬品、食品、食品添加物、たばこ、アルコールの摂取などが原因です。体にとって良し悪しは別にして、体の中に入ってくる物質はすべてこのタイプに当てはまります。

【環境的(物理的)ストレス】

屋内外での温度差や、暑すぎたり寒すぎたり、また湿度が高すぎたり、低すぎたり、標高差、風、紫外線などの環境が原因のストレスです。

【社会的ストレス】

外経済的不況によるリストラや就職難、核家族化などからくる仕事と育児の両立の難しさ、子どもの受験競争、また、高齢化社会のなかでの介護疲れなどのストレスです。

このようにストレスには様々な種類があり、ストレスが全くない社会はありません。つまり、ストレスとうまく付き合っていくことが大切なのです。

私たちの周りはストレスだらけですね。

その通りです。ヒトのみならず生物はあらゆる環境にできるだけ適応するように作られています。適応するためには程度の差はありますが、からだは相当なエネルギーを使います。このエネルギーは基礎代謝(生命活動と維持に必要なエネルギー)に含まれており、運動や頭脳活動とは別のエネルギーになります。病気になると運動や頭脳活動が低下しますが、これは病気を優先的に治癒させるためにエネルギーが使われているからです。

ストレスがからだに与える影響はどのようなことがありますか?

上記のストレスが慢性的になると
様々な症状を引き起こし、
時には病気に繋がることもあります。

しかし、中には良いストレスも存在します。例えば、目標、夢、スポーツ、よい人間関係など、自分を奮い立たせてくれたり、勇気づけてくれたり、元気にしてくれたりする刺激とその状態です。同じストレスでも、感じる人によっていいストレスになるか悪いストレスになるかが変わってくることもあります。

なるほど!ストレスも悪いことばかりというわけでもないのですね!
では、マカがストレスにどのような作用をするのですか?

マカに含まれるマカの特有の成分である
二次代謝産物(有効成分)の働きが
ストレスに働いていると考えられます。

二次代謝産物(有効成分)とは何ですか。

一般的に植物や微生物は成長するために、栄養素(炭水化物やタンパク質、ミネラルやアミノ酸など)が必要です。この栄養素を一次代謝産物といいます。一方、二次代謝産物は何らかの理由で成長が抑えられると、植物固有に作りだされる物質であり、この化学成分を二次代謝産物といい、いわゆる「薬効」といわれる成分です。二次代謝産物は栄養にはなりませんが、身体の働きを調整する(生理活性を与える)働きとして利用できます。
その典型例が抗生物質をはじめとする医薬品です。

ヤマノのマカには二次代謝産物の種類が多く含まれている事が分かっており、種類が多いほど身体に作用するメリットも多いのです。

マカの二次代謝産物がどのようにストレスに関わっているのですか?

ストレスを受けると、人はストレスに対応しようとかなりのエネルギーを消費します。数年前からヤマノのマカを使って脂質代謝の研究を始めていますが、マカの特有の成分である二次代謝産物の働きにより、マカは脂質を燃焼してエネルギーをたくさん消費していることが分かりました。

「Check Point」つまり、心身にマイナスい働くストレスに対応するエネルギーをマカが作り出すことで、ストレスに負けない身体を作ってくれると思います。

例えば、人は運動をするとストレスがかかりますが、この運動というストレスは多くの臓器、例えば心臓と肺、循環器血管、骨格筋、骨に影響を与えます。このストレスが身体の各臓器の能力を高めて良い健康効果をもたらしています。但し、このストレスをプラスに転じるにはエネルギーが必要です。このエネルギーを提供してくれるのが脂肪の燃焼です。マカは脂肪を燃焼してエネルギーをたくさん生み出してくれます。

運動することが身体に良いといわれているのは、このような働きがあるからなのですね。マカはエネルギー量を増やしてストレスに負けないからだを作ってくれるのですね。ストレスと上手く付き合っていくためにも、マカは強い見方ですね!

そうですね!仕事や育児などのストレスでホルモンバランスが崩れた女性の身体に、ヤマノのマカがおすすめされるワケはこのような理由があるのです。

マカがストレスから女性を守り妊娠へと繋がることが証明されました!

中村学園大学とヤマノの共同研究により、マカが妊娠へと繋がることが実証され、世界権威を持つ学術誌に掲載されました!!<

女性が妊娠しにくい症状の原因のひとつとして、ホルモンを分泌する内分泌器(脳の視床下部・脳下垂体・卵巣)や卵管、子宮に何らかの障害が発生することで起きることが知られています。

その中でも、妊娠に欠かせないのが「黄体形成ホルモン」と呼ばれる、受精のために卵の成熟を開始させる働きをするホルモンです。

しかし、この黄体形成ホルモンはストレスの影響を受けると血中の量が低下してしまい、卵の成熟化が開始出来ずに排卵が難しい状態になります。

「マカは排卵を起こす能力を十分に発揮できる」という学術論文を発表!

軽度のストレスを与える環境の中でマカを与えた結果、普通の餌だけを食べていたラットに比べて、マカを食べていたラットの黄体形成ホルモン(LH)は4.5倍に上昇し、妊娠可能な卵子の状態にするために必要な卵胞刺激ホルモン(FSH)も19倍に上昇しました!これらの上昇が適切な時期と時間、すなわち正常な排卵周期に基づいて起こる能力を高めています。このことが重要なポイントで医薬品との大きな違いです。

「Check Point」マカは妊娠に必要なホルモンをストレスから守り正常な働きにすることが今回の研究で判明したのです!
世界的権威のある学術誌に研究が受理されました!

今回のマカ研究が受理された『Journal of Ethnopharmacology』はSCI級の国際学術誌です。SCI級学術誌とは科学者の方が今後研究等に引用でき、他の分野に応用させるほどの価値を持つ重要なことを示す研究論文誌です。審査基準は、信頼性・新規性・産業的価値等を厳しく審査され、将来性のある論文のみが掲載されます。この学術誌に載るということは国際化レベルで価値を謳えるもので、米国科学論文データであるPubMedに載ります。つまり、日本だけでなく世界が認めた研究成果となりました。

中村学園大学 内山教授から、お客さまへ。

女性の不妊症は内分泌、卵管、子宮に何らかの障害が発生して起こることが知られています。今回の我々の研究結果でアブラナ科植物マカはLHサージ期(LHの分泌量を高める時期)において黄体形成ホルモンが減少して誘発される不妊症に対して効果を発揮できるものと考えています。

LHサージ期のLH濃度は、卵巣での卵の成熟化したことを中枢に伝える信号であるエストロゲン、およびからだ全体で異変が起こっていないことの信号として中枢での24時間の生理学的信号の2つが合体してはじめて起こります。そのことから、LHサージ期のLH濃度が上昇するということは、これら2つの信号が、言い換えれば2つの機能が十分に発揮されていることを示しています。どちらの信号が減少しても排卵は起こりません。
今後ともマカの研究を継続して、科学情報を提供していきたいと思います。様々なお悩みを抱えるお客さまに役立つことを切に願っております。

研究にはヤマノのマカを使用しているので、全てのマカに同じことがいえるわけではありません。
マカは栽培される場所によって、マカのちからのカギを握る特有の成分、二次代謝産物(有効成分)の量が異なることが 研究で証明されています。

ヤマノのマカの有効成分のちからはこちらをご覧ください。

インフォメーション

商品についてお気軽にお尋ねください

メールによるお問い合わせは info@yamano-life.jp

フリーダイヤル0120-530-198 平日9:00〜18:00まで