フリーダイヤル0120-530-198 平日9:00〜18:00まで

株式会社ヤマノ

マカについての共同研究ご紹介

約2年に渡り、ヤマノは福岡市にある 中村学園大学 大学院 栄養科学研究科の内山教授達とともに、マカがどのように女性の体に働いているのか?を研究してきました。 今回はその研究の一部の報告だけですが、内山教授からヤマノのお客様のためにわかりやすくまとめて頂きましたので皆様にご紹介します!

女性が妊娠しにくい症状の原因はいろいろありますが、そのひとつとして内分泌器(脳の視床下部・脳下垂体・卵巣)や卵管、子宮に何らかの障害が発生することで起きることが知られています。
※内分泌器とはホルモンを分泌する器官のことです。

黄体形成ホルモン(LH)とは、脳下垂体から分泌されるホルモンのことです。排卵直前になると大量に分泌され、その濃度が高くなります。これをLHサージと言います。そして、このホルモンは受精のために卵の成熟を開始させていく働きがあります。

実は、この時の黄体形成ホルモン(LH)の濃度がしっかりあがらないと、卵子の成熟化が開始できず、排卵が難しい状態になります。さらに!この黄体形成ホルモン(LH)は、ストレスの影響を受けると血中の量が低下することが知られています。

そこで、ヤマノが中村学園大学の内山教授と行った共同研究ですばらしい結果がでました!

実験として、ラット達に軽度のストレスを与える環境の中で、マカを食べないラットとマカを食べさせたラットに分けて、黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の血中濃度を測定しました。

普通の餌を食べていたラットはホルモン数値が低いのに、なんとマカを食べていたラットの黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値は上昇して、十分なLHサージがしっかり起きていたのです!

現代の女性たちは明らかに昔の時代に比べると、ストレスの多い社会で暮らしています。仕事や通勤、不規則な生活、偏った食事、環境の影響、家事や育児などなど...女性の社会での活躍が増えるにつれて、そのストレスも増しているのが現状です。

つまり!ストレスを受けることで、ホルモンのバランスが崩れている女性増大!今回のラット実験でも、ラットにはしっかり継続的にマカを食べてもらいました。しっかりマカを体に摂り入れることで、ホルモンバランスを正常な状態へと調整できたところがポイントです。結果的に妊娠しやすい体へと繋がっていくはずです。

「Journal of Ethnopharmacology」はSCI級の国際学術誌(英国)です。
SCI級学術誌とは科学者の方が今後研究等に引用でき、他の分野に応用させるほどの価値を持つ重要なことを示す研究論文誌です。審査基準は、信頼性・新規性・産業的価値等を厳しく審査され、将来性のある論文のみが掲載されます。

この学術誌に載るということは国際化レベルで価値を謳えるもので、米国科学論文データであるPubMedに載ります。
つまり、日本だけでなく世界が認めた研究結果となりました。

インフォメーション

商品についてお気軽にお尋ねください

メールによるお問い合わせは info@yamano-life.jp

フリーダイヤル0120-530-198 平日9:00〜18:00まで