HOME > マカを知る > マカはなぜ栄養価が高いの?

マカはなぜ栄養価が高いの?

野菜の中で、根の部分(一部は茎)を食べるものを根菜とよびます。代表的なものは、ジャガイモ、サツマイモ、人参、玉ネギ、にんにく、ヤーコンなどがありますが、マカも根菜のお野菜です。東洋医学では、きゅうりやトマトは「陰」の野菜といわれ、体を冷やす食べ物となるのに対し、根菜は「陽」の野菜といわれ、体を温める効果があります。


土壌に含まれる栄養素を、根菜は土壌の水分を介して吸収し、植物の成長のために溜め込んでいます。ですので、土壌の栄養素が豊かであればある程、そこで育つ根菜も栄養が高くなります。

マカが栽培されるボンボン高原の土壌には、実に多くの栄養素やミネラルが含蓄されえており、それらの栄養素を吸収しているマカはまさに栄養の宝庫といえます。
さらに、このボンボン高原は、他の土地では吸収することのできない栄養素もあり、ボンボン高原のマカは特に栄養価の高い良質なマカとなります。

このように、マカは大地のあらゆる栄養素を凝縮して一身にとり込むため、栄養価が高くなるのです。

<<前へ「マカの産地ボンボン高原はどこ?」     「マカの食べ方が知りたい」次へ>>

妊活メルマガ講座

自社栽培マカへの挑戦

スタッフのブログ

ヤマノ公式ツイッター

しあわせsazuca写真館

販売元 ヤマノ

〒803-0843

北九州市小倉北区金鶏町13-24

(平日) 9:00~20:00
(土曜) 9:00~17:00

Free Dial

0120-530-198

Fax

0120-795-556

E-Mail

info@yamano-life.jp