やる気が出ない人

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 腸内環境のお話 > やる気が出ない人

 

やる気が出ない人

 

 

やる気のなさは腸内と深く関わっています。

 

「やる気が出ない」と言っている人を見かけませんか?

やる気のなさは腸内と深く関わっています。


腸内には善玉と悪玉の2種類の菌があります。
理想として、ビフィズス菌のような善玉が腸内の菌の20〜40%を占めると免疫力が上がって精神的にやる気のある状態となります。

これとは逆に悪玉菌が過剰に増えるとやる気が出ないどころか、発ガン物質を作ったり、病気を引き起こす原因にもなりかねません。


 

腸内改善と食事の相乗効果


腸内環境の状態を良好にするために、重要な要素の一つが食事です。腸内細菌のうち善玉菌は糖質をエサとし、悪玉菌はたんぱく質や脂肪をエサとします。


したがって、善玉菌を優勢にし、腸内環境を整えるためには、いわゆる欧米型食事と呼ばれる高たんぱく質、高脂肪の食事を避け、やや低カロリーで穀類や豆類、野菜などを中心に栄養バランスのよい和食型の食事を摂る事が肝心です。


なかでも、消化されずに腸まで届きビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」の増殖を促す働きのある食物繊維を積極的に摂取することが大切です。食物繊維には、悪玉菌がつくり出した有害物質を吸着し、もともと持っている保水性を発揮して、それら有害物質の濃度を薄める働きがあります。

食物繊維はいも類、穀類、豆類、野菜、海藻などに多く含まれます。なお、ビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌を増やすことで知られるオリゴ糖も食物繊維の一種で、大豆やさつま芋、ごぼう、玉ねぎ、バナナ、蜂蜜、醤油、味噌、乳製品などに含まれる糖です。


善玉菌・悪玉菌の栄養源
 
増殖・増強に必要なエサ
普段の食事 
善玉菌
・糖質:オリゴ糖、乳糖など
・食物繊維
・豆類
・穀類
・乳製品など
和食型の食事
悪玉菌
・たんぱく質
・脂肪
・肉類
・ファーストフードなど
欧米型の食事


 

腸内環境が整っていなければ食事も健康食品も体内に吸収されにくい


現在、いろいろな健康食品や健康補助サプリメントが市販されています。しかし、これをたくさん飲んだり、日ごろから食生活に気を配っていたとしても、腸内環境が整っていなければ、体内への吸収力が低下し、せっかく体に良いとされているものでも、本当の意味で身になっていません。

健康で、活力ある生活を築くためにも、栄養素を吸収する源泉である腸の健康が、最も重要なのです。

バランスのよい食事を心がける前に、腸の健康を見直してみてください。

・「正しい食事」
・「適度な運動」
・「適切なストレス解消」

という従来の健康づくりの基本に

・「腸内改善」

を加えることによって、健康づくりの取り組みが最大限の相乗効果を生み出します。

これこそが「鬼に金棒」なのです。




参照
3大合併症も「腸」から完治
医学博士・理学博士 河木成一著


健康の為にはまず腸から



 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-18:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp




| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |