若返る腸年齢 無理なく小腸を活性化する乳酸菌生産物質

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 腸内環境のお話 > 若返る腸年齢

 

若返る腸年齢

 

腸年令とは・・・?


腸の中には100種類100兆個の善玉菌と悪玉菌が棲んでいて、この腸内細菌叢の状態を表すのが「腸年令」です。


善玉菌の働き
・体の抵抗力、免疫力を高める ・コレステロールを減らす
・便秘を予防する ・ビタミンB群の合成を盛んにする

 

善玉菌は体の抵抗力を高める、便秘を予防する、コレステロールを減らすなどの働きがあり、悪玉菌は病気や体調不良全般を引き起こす有害細菌ですので、できるだけ善玉菌優勢の腸内環境を維持することが、腸を若く保つ秘訣です。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内菌の95〜99%が善玉菌であるビフィズス菌という理想的な腸内環境をしていますが、大人と同じ食事を取り始めたとたんに善玉菌が減り、成人の善玉菌の割合は一割程度にまで下がります。

 

その後、加齢に伴って腹圧や腹筋が弱くなって腸の動きが鈍くなり、ストレスや運動不足から腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増え、老年期にはビフィズス菌がついに完全に死滅してしまう人もいます。


人間が歳と共に老化するのは仕方がないですが、腸の老化は体質や個人差によるところが大きく、努力次第である程度防げます。食生活を始めとする生活習慣の乱れやストレスから、20代でも腸年令は60歳代!なんていう人も珍しくないですから、若いうちから努めて腸の老化予防をする必要があります。

 

悪玉菌を増やす原因
ストレス・運動不足・肉類中心の食事・食生活の乱れ・
抗生物質の服用、喫煙、飲酒
 

 



腸が老化して悪玉菌が増加すると・・・大腸菌、ウェルシュ菌など


○免疫力の低下 ・・・
有害物質、細菌毒素を生成して免疫力を低下させる。

○発ガン物質を生む ・・・
フェノールアミン、インドールの発ガン物質の生成。

○肌荒れ、老化促進 ・・・
有害物質が血液に入って細胞の新陳代謝を乱す。

○腸内腐敗と悪臭 ・・・
体臭、口臭、便臭など、悪臭の元をつくります。 

 

善玉菌が増加して腸が若返ると・・・ビフィズス菌、アシドフィルス菌など


○免疫力の向上 ・・・
糖質を発酵させて、腸内を酸性に保ちます。悪玉菌は酸性に弱いため、腸内病原菌の感染や発がん物質の生成を予防し、免疫力を高めます。


○便秘解消 ・・・
腸の蠕動運動を活発にして便秘を解消します。


○ビタミンの合成 ・・・
肌荒れ防止に有効なビタミンB2、B6、貧血予防のB12、造血作用のあるビタミンKなど、各種ビタミン類を腸内で合成します。


○アレルギーの軽減 ・・・
アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギーは、複数の免疫細胞のコンビネーションの悪さによって引き起こされると考えられていますが、善玉菌は免疫細胞に刺激を与えて、免疫細胞がバランスよく活動できるようにしてくれます。


○カルシウムの吸収 ・・・
カルシウムが吸収されやすいように、イオン化する酢酸などの脂肪酸を善玉菌が作ります。

 



今からでも遅くない!腸年令を若返らせるためには


・どうしたら、腸の老化を防ぐことができるでしょうか。
腸の老化を加速させる要因としては、次のような事があげられます。



規則正しく、ストレスのない生活が大切なのは腸の健康にもいえることです。朝食抜き、夜更かしによる睡眠不足、早食い、運動不足、過度の飲酒、喫煙、高脂肪で低食物繊維の食生活などが悪玉菌を増やし、腸を老化させるのです。

 

腸の老化を予防する食事は、
大豆製品(豆腐、あげ)や発酵食品(みそ、納豆、漬物など)、
高繊維食品(おから、ごぼう、こんにゃくなど)、低脂肪食品。

これらが善玉菌を増やします。
昔からの日本食、「粗食」といわれるものが一番良いようですね。

 

・食品からとる乳酸菌はほとんどが死滅してしまう。

食品から摂取する乳酸菌は、善玉菌の増殖に好ましい腸環境を整える効果があります。ただし、胃酸でほとんどが死んでしまうので、残念ながら乳酸菌食品の摂取=善玉菌の増殖というわけにはいきません。

 


腸の若返りに一番効率がいいのは乳酸菌生産物質


毎日100億個のビフィズス菌補給が好ましいと言われていますが、乳酸菌などのプロバイオティクス食品をたくさん摂取しても、菌のほとんどは腸に届く前に胃酸で死滅してしまいますから、たくさんのヨーグルトを食べても、毎日100億個もの乳酸菌を食べて腸に届けることは不可能に近いでしょう。

 

しかもビフィズス菌が腸内で生きている期間は約1週間。
摂り溜めをすることはできません。

食物繊維もとりすぎると栄養の吸収を妨げるようになりますし、乳酸菌や腸内細菌の餌となる乳糖などをがんばって食べることにより、食べ過ぎて今度は肥満が心配になります。

目的は乳酸菌を食べることではなく、
「腸の生きた乳酸菌を増やすこと」であるはずです。

 

そのためには、効率よく自分の善玉菌を元気にし、
増殖・活性化させることが大切です。

 

「善玉菌の増殖=腸の若返り」に最も効果を発揮するのが「潤性蘇菌」のような、乳酸菌生産物質サプリメントです。

 

潤性蘇菌は現在、あなたの腸内で必死に頑張っている善玉菌にしっかりと栄養=エサを与え、増殖させ元気になってもらおうというのが乳酸菌生産物質です。 だから、腸の若返りのためには最も効率がよいのです。

 

乳酸菌よりも乳酸菌生産物質を!


乳酸菌、乳酸菌生産物質を選ぶ5つのポイント!
 
潤性蘇菌
一般的な乳酸菌
他の乳酸菌生産物質
胃酸・胆汁の影響
影響を受けない
90%が死滅
影響を受けない
価格(税抜)
5500円
120円〜3500円
7000円〜32000円
乳酸菌の数
40種類
1〜3種類
3〜20種類
主原料
ニンニク(無臭)
kw乳酸菌、ラブレ菌など単一。
サトウキビ、黒糖など
小腸に定着する?
定着する。
定着しない。
短時間

※上記の表は目安です。


潤性蘇菌の詳しくは・・>


 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-20:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp



 
 



| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |