乳酸菌の働き

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 乳酸菌のお話 > 乳酸菌の働き

 

乳酸菌の働き

 

 

乳酸菌の働き


・整腸作用
・腸の活動を高める
・食物の消化吸収
・便を肛門へ送る

・病原菌、腐敗菌の抗菌作用
・細菌、ウィルスからの免疫増強作用
・便秘、下痢の予防


乳酸菌は、整腸作用があり、腸の活動を高めて、食物の消化吸収を助けます。
また、 便を肛門に向かって送り出す運動を促し、便秘や下痢を防ぎます。

そのほかにも、腸内を酸性に保って有毒物質を作り出す腐敗菌や病原菌の働きを抑える抗菌作用、発ガン物質の腸内での合成を妨げる抗がん作用、細菌やウィルスに対する抵抗力を高める免疫増強作用などがあります。

免疫 乳酸菌

一方、大腸菌やウェルシュ菌、ブドウ球菌などの腐敗菌を悪玉菌といいます。これらは、たんぱく質を分解し、さまざまな有害物質を作り出します。
便の悪臭のにおいはこれら腐敗菌の作用で、様々な病気の根源になります。



善玉菌
腸内ビフィズス菌、腸球菌、ユウバクテリウムなど 健康維持、老化防止
腸内を酸性にし、外から襲いかかる有害な菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めてくれます。
悪玉菌
大腸菌、ウェルシュ菌、
ブドウ球菌
健康を損なう、病気の原因
たんぱく質を分解し、インドール、フェノール、アンモニアなどの有害物質を作り出す作用があります。
腸内をアルカリ性にし、免疫力も低下させてしまうことがあります。


 

悪玉菌がいてこそ善玉菌が強くなる。


善玉菌と悪玉菌と区別しても厳密には単純に善悪を区別できない面もあるのも事実です。

たとえば、大腸菌は生まれたばかりの赤ちゃんの体内に入ることによって、身体の細胞が侵入者を見分ける機能を持つこととなります。

いわば、人間の免疫機能の基礎をつくることにもなるのです。

免疫 乳酸菌


また、人間に有用なビタミンを作るといわれるバクテロイデス菌は一見善玉菌に見えますが、他方では発ガン物質を作っているのです。

ここでは便宜上、体に良い物質を出すものを善玉菌、体に悪い物質を出すものを悪玉菌といって区別しますが、大腸菌が腸内の栄養分を食べ始めると、善玉菌も負けじと食べ始めると言う具合に、お互いに競争しあうライバルなのです。


つまりは、善玉菌が優勢であるようなバランスを保つことが健康な腸の状態といえるのです。


善玉菌は人間が年を取るにつれて減少傾向になり、悪玉菌は反対に年をとるにつれて増加していきます。人間の老化と腸内細菌叢のバランスは大きく関係していることがわかります。



乳酸菌と腸の関係



 

 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-18:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp


 

| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |