にきびの原因

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > ニキビ解消のお話 > ニキビの原因 

 
 

ニキビの原因

 

思春期のニキビと大人のにきび


■ ニキビを治して美肌へ!

お肌は、毎日細胞分裂をくり返しながら約4週間で新しく生まれ変わりますが、おなかの中に悪玉菌が増えると、このサイクルが崩れ、新しい皮膚に生まれ変わる力が弱くなります。
古い皮膚が残り、血行が悪くなれば、当然お肌から若さが失われていきます。

ニキビやかさつき、クマやくすみ・・・憂鬱ですよね。

高価な化粧品や美容グッズに頼る前に、食事や運動、睡眠などの生活習慣を見直し、体の中からキレイになる努力をはじめましょう。

お腹の中の善玉菌を育てて自律神経を整えれば、肌トラブルも解決、美肌へ!

 

最近では、思春期以降に多く見られる毛穴と皮脂腺のトラブルとして、20代、30代以降の「大人のにきび」があります。大人のにきびは、顔や首、背中、顎、頭皮、胸、お尻などにでき、にきび痕として残ります。




■ にきびの原因は

1.遺伝
2.血液中の男性ホルモン値が高い
3.角質が厚くなる
4.アクネ菌が急激に繁殖する
5.ストレスがたまる
6.睡眠不足
7.疲れがたまる
8.不摂生
9.肌にあわない化粧品
10.便秘
11.洗顔の不足

 

以上のような事が重なるとにきびが出来やすくなります。

自覚してる方が少ないかもしれませんが、
ニキビの原因の1つは便秘。

便秘でお腹の中に何日も便をため込むと、腸の中で便の腐敗が進み、腸の中の悪玉菌が大量に増えて有害物質が発生します。

 

腸内環境が悪化し、腸管がうまく働かなくなると、ビタミンやミネラルをきちんと摂っても吸収されにくくなります。同時に、便からの毒素の排出がされにくくなってしまいます。

毒素は腸内の新陳代謝を低下させるだけでなく、大腸内の豊富な血管から血液中に溶け込み、最終的には皮膚から排泄されるため、その時、毒素が直接皮膚にダメージを与え、にきびや吹き出ものなどの肌荒れの原因となるのです。

 



■ ニキビの大敵「便秘」

便秘がちであれば、なんとなく大人のにきびの原因として納得できるかもしれませんが、実は下痢もよくありません。 なぜなら、風邪の時や食中毒の場合を除き、下痢も腸内の悪玉菌が増えて起こる場合が多いからです。

腸内環境が悪化するなどのメカニズムは、便秘も下痢同じなのです。

 

毎日の快便はニキビ予防には重要です。
自然には食物繊維を多めに摂ったり、朝一杯のお水と日中に水分を摂る、運動するなどで改善しましょう。

あわせて、腸の善玉菌を増やしてあげる『潤性蘇菌』の力を借りて、腸内環境を整えましょう。

腸のキレイとお肌のキレイが、一石二鳥で手に入ります。



 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-20:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp



 

| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |