ニキビ対策の話

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > ニキビ解消のお話 > ニキビ対策の話 

 
 

ニキビ対策の話

 

 

にきび 「青春のシンボル」「若さの象徴」 なんて言われるニキビ。 でも最近はニキビに悩む大人が増えています。

もはや若者だけの悩みではありませんね。

 

顔にできると目立つし、ニキビの痕が残ってしまうのも心配だし、できるだけ早く治したい、ニキビにならない体作りをしたいものです。

ここでは、特に大人のニキビの原因、治療・予防法、効果的なサプリメントなどを中心にお話しを進めましょう。

 

なぜニキビができるのか


毛穴に皮脂や角質などのゴミが詰まって脂肪の塊ができ、
それに細菌がついて炎症を起こし、発疹になるのがニキビです。


思春期になると、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌が活発になって皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすくなります。

 

つまり、分泌過多の皮脂が毛穴を塞いでしまうのです。

大人になってできるニキビの原因は、
ホルモンバランスの乱れ、寝不足や疲れ、生理不順、長時間の化粧、
ストレス、偏食、便秘など様々。

大人になってからのニキビに関して言えば、
栄養バランスがよく、休息をしっかりとり、 健康的な生活をし、清潔にしている人には、
ニキビはよりつきにくいのです

 

ニキビ予防 その1 <睡眠をしっかりとりましょう>


思春期のニキビは皮脂が主な原因ですが、大人のニキビは乾燥肌でもおこります。加齢につれて新しい皮膚が作られるスピードが遅くなりますから、角質層が厚くなって毛穴に汚れが溜まりやすくなるのです。

最も新しい皮膚が作られる時間は午後11時から午前2時ごろ。
その間はしっかりと睡眠をとりましょう。

 

 

ニキビ予防 その2 <洗顔とその後のケア>


にきびは洗顔が大事化粧品も毛穴を詰まらせる原因となります。
特に汗をかく夏の季節には、

「化粧品と汗と空気中のホコリ・・・」

この毛穴を詰まらせる要因が三拍子揃ったら、
肌はもうボロボロ。

厚化粧をせず、
帰ったらしっかりと化粧を落とし、念入りに洗顔しましょう。

 

ニキビは治療も予防も洗顔が基本。

1日2回くらい、ぬるま湯を使って石鹸を泡立てて洗いましょう。
しっかりすすいで、石鹸の成分を残さないようにします。

 

その後で化粧水などでケア。
乳液は油分を含みますので、ニキビが気になる方は使わないか、
さっぱり目のものを使うのもニキビの予防になります。
クレンジングはオイルフリーのものがお勧めです。
洗った肌のお手入れなど、いつものスキンケアを見直してみましょう。

 

ただし、いくら洗顔が大事とはいえ、古い角質をきれいさっぱり落としてしまうのはお勧めできません。未熟な肌をさらしてしまうのもまた肌荒れやニキビの原因になりますし、皮脂を落としすぎると皮脂が余計に分泌されやすくなってしまいます。

洗いすぎは逆効果なのです。

 

 

ニキビ予防 その3 <栄養バランスに気をつけよう>


食べ物は栄養バランスに気をつけましょう。
新しい肌の再生のためにはタンパク質やビタミンが不可欠。 新陳代謝を活発にするミネラル群の摂取も必要です。

 

刺激の強いもの取り過ぎは禁物です。

動物性脂肪の多い食品は皮脂の分泌量を増やしますから、 野菜、魚、大豆製品、ビタミンB群を多く含む食事を心がけましょう。 また、便秘の傾向がある方は、寒天、海草、果物など、 食物繊維の多い食品を努めて摂取しましょう。

揚げ物、チョコレート、ナッツなど脂っこいものや甘いものに目がないという方、 アルコールの大好きな方などは、活性酸素や皮脂の分泌量を増やします。

活性酸素で傷ついた細胞はターンオーバーがうまくいかなくなって毛穴のつまりを引き起こします。

普段の食事を見直してみましょう。

宿便には野菜

 

 

 

ニキビ予防 その4 <ホルモンバランスを整える>


もう一つ、洗顔や生活習慣の改善だけではなかなか治らないニキビがあります。
これは「ホルモンのバランスが崩れたり、男性ホルモンの分泌が多い人」にできるニキビです。

 

生理前や生理中にニキビがひどくなるという人は、ホルモンバランスの変化により男性ホルモンが優位になっている場合が多いのです。

もともとの体質である場合もありますし、そうなると長年の体質改善が必要な場合もあります。

ホルモンバランスの調整というのは 、
一朝一夕にはいきません。

 

女性にも男性ホルモンがありますが、
この男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂をたくさん分泌させる作用があります。

ストレスは男性ホルモンの生成を助長します
から、ストレスを溜めないように、気分転換をする、薬を使うのに抵抗があれば、ホルモンバランスを調整する作用のある漢方薬やサプリメントを使うのもよいですね。

 

 

ニキビに効くサプリメント


サプリメント洗顔や薬を塗るなど、外側からのケアは大切なことですが、根本的なニキビの予防や改善のためには、ニキビができにくい体作りが大切。

 

そのためのイチオシは、腸をきれいにする乳酸菌生産物質、ホルモン分泌に深い関わりを持つイソフラボンやマカ、脂質の分泌を抑え、新陳代謝をよくするビタミンB群などがお勧めできます。

 

イチオシは乳酸菌生産物質!

ビフィズス菌をはじめとする腸内の善玉菌のエサとなって
善玉菌優勢に腸内改善をしてくれるサプリメントです。

 

乳酸菌を直接摂取すると、腸に届く前に胃酸等の影響で多くは死んでしまいますが、乳酸菌生産物質は乳酸菌のエサですので確実に腸に届いて既にある乳酸菌を増やすのが特徴です。

 

乳酸菌生産物質をお勧めする一つには、
便秘がニキビの大きな原因になっているということが挙げられます。
便秘はそれ自体がストレスになりますし、新陳代謝を妨げます。
また、腸内環境が悪いと体内の老廃物がうまく排泄されずに溜まり、腐敗して毒素や悪臭を発生させるようになるのです。

 

それが皮脂に混じって皮膚表面に出たり毛穴に滞留したりすると、 ニキビ菌は大喜び。

炎症や化膿をともない、ニキビが悪化することになります。
だから肌を清潔にする必要があるのですが、

体内から悪い分泌物を発生させないためには、腸内環境を整えることが重要なのです。

 

もちろん、乳酸菌を含むヨーグルト、ぬか漬け、キムチなどの発酵食品は、
お腹の調子を整えてくれる積極的に摂取したい食品です。

食品からは摂取しきれない分をサプリメントで補いましょう。

 

 

 

ニキビの治療のために漢方薬もおススメ


病院へニキビがひどくなると、抗生物質やケミカルピーリングなどで治療する場合があります。抗生物質は副作用が心配で使いたくないという方には、漢方薬で体機能の改善がおススメです。

 

ニキビの原因によって処方される漢方薬は違いますので、漢方薬局で出かたや出やすい時期などを踏まえて相談なさるのがよいでしょう。

 

このようにして、生活習慣の見直し、栄養バランスの良い食事、サプリメントの摂取、スキンケアなど、個人の努力や普段の心がけで、かなりニキビの根源を絶つことができます。

 

しかしできてしまったニキビがあまりに気になるようでしたら、自分で判断して塗り薬を使う前に皮膚科で診察を受けるのがよいでしょう。

 

ニキビだと思ったら違うお肌のトラブルだったなんてこともありますし、ニキビであれば皮膚科ではあなたに合った薬をくれます。すぐに治療すれば、日常生活の改善や塗り薬で治ります。




 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-20:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp




| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |