全40種類約40兆個の善玉菌分泌物を配合

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 潤性蘇菌とは? > 全40種類約40兆個の善玉菌分泌物を配合

 

全40種類約40兆個の善玉菌分泌物を配合

 

他の乳酸菌製品に比べ、圧倒的な菌数の違い


潤性蘇菌とは腸内に存在する全40種類の善玉菌分泌エキスを配合しています。


16種類の乳酸菌+24種類の酵母菌

合計40種類が分泌するエキス(乳酸菌生産物質)



他の乳酸菌製品と比べても、
圧倒的な種類の菌を加工してできた腸内細菌叢改善食品なのです。



 

他の乳酸菌生産物質との違い


潤性蘇菌以外の乳酸菌生産物質との違いは、根本となる培地(培地とは、菌を培養するための畑のようなもの)です。他と最も違う点は善玉菌の菌数です。




上記のように潤性蘇菌は全40種類約40兆個もの分泌物をカバーしており、菌数に圧倒的な違いがあります。


 

分泌物の検証報告


潤性蘇菌を構成する乳酸菌・酵母菌の分泌物があります。

善玉菌世界の伝統的な発酵食品にはヨーグルト、チーズ、味噌、醤油、酒、ワイン、お漬物・・・と数多くあり、それぞれ特有の醗酵微生物が使われています。

プシュケーは、これら世界各地の伝統的な醗酵食品に使用されている代表的な菌株のほとんどを網羅して活用し、醗酵食品の中ではずば抜けた菌構成となっています。

 

善玉菌の特徴


人間の腸には生後しばらくすると、腸内細菌が住み始めます。そのうち、4割は善玉菌ですが、その善玉菌の特徴は以下の通りです。

乳酸菌の分泌物が酵母菌の成長を助け、反対に酵母菌の分泌物が乳酸菌の成長を助ける。
16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌はお互いになくてはならない関係になるように組み合わせてある。
40種類の菌の由来をみると、すべて人間が何万年も前から共生してきたタイプのもので、人体への安全性や健康作用が保障されている。
菌には、球菌・悼菌・連鎖球菌など様々な型があり、働き・特色も異なっている。そこで、40種類の菌を組み合わせるにあたり、様々な型の菌で構成することにより、腸内の菌相バランスが保たれるようにしてある。
40種類の菌を揃えることにより、人体の腸にすむほぼ全ての善玉菌をバランスよく網羅することができている。


以下は、潤性蘇菌に含まれる40種類の善玉菌エキスの乳酸菌と酵母菌の種類


  

24種類の酵母菌
1. サッカロマイセス・セリビジェー 
2. サッカロマイセス・パトリアヌス 
3. サッカロマイセス・インタメディウス 
4. サッカロマイセス・ヴァリドウス 
5. サッカロマイセス・エリプソウデウス 
6. サッカロマイセス・マリ リスラー 
7. サッカロマイセス・マンシュリカス 
8. サッカロマイセス・フォルデルマニ 
9. サッカロマイセス・ペーカー 
10. サッカロマイセス・シアシング 
11. サッカロマイセス・ピリフォルミス 
12. サッカロマイセス・アナメンシス 
13. サッカロマイセス・カルティラギノースス 
14. サッカロマイセス・アワモリ 
15. サッカロマイセス・バタタエ 
16. サッカロマイセス・コレアヌス 
17. サッカロマイセス・ロブストウス 
18. サッカロマイセス・カールスベルゲンシス 
19. サッカロマイセス・モナセンシス 
20. サッカロマイセス・マルキシアヌス 
21. チゴサッカロミセス・マヨール 
22. サッカロマイセス・ラクティス
23. サッカロマイセス・ルクシー 
24. ハンゼヌーラ・アノマーラ


16種類の乳酸菌 
1. ストレプトコッカス・サーモフィラス 
2. ストレプトコッカス・クレモリス 
3. ストレプトコッカス・フェカーリス 
4. ストレプトコッカス・ラクティス 
5. ラクトバチルス・ブルガリカス 
6. ラクトバチルス・アシドフィルス
7. ラクトバチルス・カセイ 
8. ラクトバチルス・デルブルツキイ 
9. ラクトバチルス・アラビノースス 
10. ラクトバチルス・カウカシクス 
11. ラクトバチルス・ラクテイス 
12. ラクトバチルス・ライシュマニ 
13. ラクトバチルス・ムシカス 
14. ラクトバチルス・サーモフィルス 
15. ラクトバチルス・プランタルム 
16. ロイコノストック・メゼンデロイデス



 

食事と同じようにバランスよく乳酸菌・酵母菌をとることが大切


この他、乳酸菌と酵母菌の研究はさまざまな研究機関で行われていますが、数種の乳酸菌と酵母菌であり、潤性蘇菌に選ばれている乳酸菌と酵母菌とはかなり質的に違いがあります。

人間の腸内に良い乳酸菌は何と何か、
酵母菌は何と何が必要なのかを徹底的に考え、選び抜いたのが
16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌なのです。
この菌数こそが、他との差別化になっているのです。
 
食事と同じように、同じものだけでは偏った食事になってしまいます。さらには、食べ合わせや栄養効率に注意が必要です。腸内細菌にも同じようなことが言えます

16種類の乳酸菌と24種類の酵母菌をバランスよく配合し、菌同士の相性を十分に加味した上で確実に腸内に届けることで腸内細菌が元気になるのです。




”潤性蘇菌”は確実に届く乳酸菌生産物質



 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-18:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp




| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |