赤ちゃんの下痢

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 下痢解消のお話 > 赤ちゃんの下痢

 
 

赤ちゃんの下痢

 

 

赤ちゃんの下痢


乳幼児にとって下痢は風邪の次に頻繁に起こる病気です。まだ腸や大腸が十分に発達していないために、摂取したものが十分に消化吸収できなかったり、腸からの分泌液が増えたり、腸のぜん動運動が高まったりして下痢になりやすいのです。

 

成長するに従って腸の働きが通常の大人の状態に整えられていきますから、下痢をしていても赤ちゃんの機嫌がよかったり、元気に動き回っている場合は問題ありません。お母さんはイライラせず、心配せずに、赤ちゃんのオムツを清潔に保ってあげてください。排便後はおしりを洗い、よく乾かしてあげます。

 

赤ちゃんの下痢の大半を占めるのはウイルス感染ですので、冬場の感染菌が集団発生する時期には要注意です。
 
また下痢の回数が多かったり、機嫌が悪い、動きが鈍い、皮膚に張りがない、嘔吐する、便に血が混じるなどの症状があったら、急激な体重減少から意識障害や死に至るケースもありますし、なんらかの病気が関係している可能性が考えられますので、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

 

下痢でお医者さんにかかる場合は、便の様子をお医者さんに伝えられるようにチェックしておいてください。

 

下痢の時におススメする簡単レシピ


下痢が止まらないうちは何も食べない方がよいですし、乳幼児ならば無理やり食べさせても吐き出してしまったりするかもしれません。まずは、水分不足にならないように水分補給が不可欠です。

 

子供の場合は体に蓄えている栄養素が多くないため、絶食はあまりお勧めできません。
下痢がある程度おさまったら、善玉菌を増やす乳酸菌を含むヨーグルトを使った料理などがよいです。

また、下痢によく体を温める野菜といえば「にら」。脂っこい炒め物が食べたくない時は、ご飯と一緒に煮込んだにら雑炊などいかがでしょうか。

 

 



 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-20:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp



 

| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |