下痢の原因

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 下痢解消のお話 > 下痢の原因 

 
 

下痢の原因

 

 

下痢の原因と対策

 

■ 下痢とストレスの関係

下痢は、便の水分が80〜90%のものを呼ぶそうです。 便秘と下痢というと、全く正反対のものと考えてしまいがちですが、実はこのふたつはどちらも腸が正常に働いていないことから引き起こされる症状で、併発することも多くあります。

 

最近増えているのが、自律神経の乱れが原因で起こる過敏性腸症候群による下痢です。 下痢で消化器科や胃腸科を受診する人の4〜7割を過敏性腸症候群が占めています。

 

 

緊張すると誰でも汗をかいたり、ひざが震えたりします。下痢の原因はいくつかありますが、このような緊張や精神的な不安、ストレスが引き金となって下痢や腹痛を起こすのが「過敏性腸症候群」という現代病です。通勤途中や旅行先などで不意の便意に襲われ、トイレを探して顔面そうはくになった経験は誰にでもあると思います。
 
単に「おなかが弱い」という表現で済まされる程度ならよいですが、症状が重くなると大変な精神的苦痛を伴うようになります。

 

 

■ 下痢の要因

過敏性腸症候群の主な症状は、下痢型、便秘型、下痢と便秘の交代型の3タイプで、このほかに腹痛、腹部の不快感、嘔気(おうき)や嘔吐(おうと)などを伴うことがあります。

 
便通異常の原因は、環境の変化、不安、対人関係、家庭内のトラブルなどの「精神的要因」、過労、身体の冷え、風邪などの「身体的要因」、食事時間が不規則、暴飲暴食、刺激物など「食事要因」です。これらのストレスによって腸の働きをつかさどっている自律神経の働きが乱れてしまうために症状が起こるのです。

 

ただストレスで腸の働きが敏感になって起こる下痢は、通常は“起きている間”だけです。寝ている間に下痢をもよおす場合や、水のような便で下痢が続く場合は、ほかの病気の可能性もあるので消化器科や胃腸科を受診しましょう。 過敏性腸症候群による下痢の予防や対策としては、食事時間の不規則や暴飲暴食を改め、アルコールやカフェイン類、冷たいもの、香辛料を控えます。 日常生活では、体を冷やさないようにして、睡眠・休養を十分にとり、軽く汗をかく程度の運動をします。

 

また、趣味などでストレスを発散させることも有効です。  ただ、毎日の生活習慣や自分を取り巻く環境は、短期間で変えることはなかなか難しく、それだけでは下痢対策には不十分です。

下痢は、腸に悪玉菌が多くなることで腸内環境が悪化し、自律神経によって支配されている腸のぜん動運動が乱れて起こるのです。

自律神経によって支配されていて、自分の意思でコントロールできません。日々の生活を見直しながら改善すると同時に、腸の環境改善も必要です。

 

 

■ 下痢対策は善玉菌を増やすこと!

腸の環境改善には、便秘の人でしたら食物繊維を多く摂ったり、水分を多く摂ったりなどを心がけることで随分改善されますが、下痢の人も同様の対策で良いわけではありません。 いきなり食物繊維や水分を摂りすぎると、下痢がひどくなる場合もあります。 まず、腸内の善玉菌を増やすことからはじめ、徐々に食事も改善していくことをオススメします。

 

はじめは1日1回朝食前に『潤性蘇菌』を水で飲みましょう。少し慣れたら、朝晩の食前に『潤性蘇菌』を。そして過剰な下痢などがないようでしたら、本来の適量である1日3回食前に飲用してください。

 

潤性蘇菌は薬ではありませんから、飲用によって下痢になることはありません。しかし、普段下痢の人は、特に精神的にも腸もデリケートですから、飲み方は一律である必要もありません。自分の腸の様子を感じながら善玉菌を増やしてあげましょう。





 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-18:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp



 

| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |