便秘が女性に多い理由

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 便秘解消のお話 > 便秘が女性に多い理由

 

便秘が女性に多い理由

 

便秘も宿便も同じ


便秘が女性に多くて男性には少ない理由
女性の多くは便秘と言われています。

便秘の程度は違っても、その数は2人に1人とも。 なぜ男性よりも女性に多いのでしょうか? その理由は、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが、腸の働きを抑制することも関係しています。

 

生理前に便秘になるのは、黄体ホルモンが多く分泌される時期だからなのです。 また、女性の場合、男性に比べて腹筋などの筋肉が弱いとか、ダイエットなどで食事量が少ない、トイレに行きにくい環境なども便秘の原因に関係しています。

 

便秘薬

 

便秘を放っておくと・・・・。「宿便」となって腸の中に残ってしまい取れなくなってしまうというイメージがあるようですが、医学辞典では「宿便」とは「便秘」を示す言葉です。

 

便秘によって腸内細菌(悪玉菌)が増えると、腸から血液に悪いガスが入り込み、全身をめぐり口臭や体臭が強くなります。また、肌荒れも起こる原因になることがあります。

 

便秘の解消法として、薬に頼る人がけっこう多くいます。しかし、便秘薬を長期に服用し過ぎると便意が減少し、薬なしでの排便が困難になってしまうこともあります。

 


排便のしくみ


食べ物が消化し小腸に入ります。そこで大部分が消化・吸収されて、栄養として体全体に送られます。そして食物残渣(食物のカス)が大腸に入り、腸を巡っていく間に水分が吸収され、形となり直腸に到達します。

すると、直腸から脳に信号が伝わります(便意)。こうして肛門から排出されていきます。



便秘の原因


ガマン

つい「ガマン」をすると直腸から脳への信号が低下し、トイレに行きたいという感覚がなくなります。その結果、腸内の便の滞留時間が長くなると水分が抜けて小さく固くなる為、出にくくなるのです。

偏食

ダイエットが原因に!食事の摂取量が少ないと食物残渣(便の素)を直腸へ送る動き(ぜん動運動)が弱まるため便秘になりやすいのです。

ストレス

旅先などでの便秘は、一時的なストレスによって自律神経のバランスが乱れるからです。

加齢による便秘

年を取るとお腹の筋肉が弱まり腸の動きが悪くなります。それは、運動不足が拍車をかけてしまうことも!また、糖尿病や高血圧、痔などが便秘の原因の病気でもあり、薬を飲んでいる際に副作用として関係していることもあります。

妊娠による便秘

妊娠中は、黄体ホルモンが活発になり、さらに子宮も大きくなるため腸を刺激し便秘となります。定期検診の際に医師に相談し、便秘薬はおだやかな薬に変えてもらい、長い時間をかけて生活習慣を改善していきましょう。
便秘の陰に隠れている「大腸がん」等の病気にも気をつけましょう!


便秘解消で素肌美人



 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-18:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp




| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |