便秘の原因

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 便秘解消のお話 > 便秘の原因

 

便秘の原因

 

毎日出ないと便秘?


便の状態は人によって違います。
便秘の目安としては、3日以上便が出ない、もしくは出ても少量、コロコロしていて残便感があるといった状態を便秘と考えます。1日でも出ないと辛いという人もいます。

 

毎日出なくても、調子がよければ大丈夫です。
ただ、食べ物の消化から排泄までは30〜120時間と言われています。
6日以上出ない場合は、何らかの異常が考えられます。

 

日本人成人の便の成分

便の7割は水分ですので、水分を上手に摂ることも便秘対策には重要なことです。


水分:70〜80%、腸内細菌:10〜20%、食物残留:10〜25%、脂肪:4%、その他:4%


便秘は病気ではないけれど・・・


便秘には、「症候性便秘」「機能性便秘」の大きく2つの種類があります。



「症候性便秘」は、大腸ポリープなど腸内の便の通過を妨げる病気が原因であり、
この場合は、原因となる病気を治さないと便秘は解消されません。

「機能性便秘」は、生活習慣やストレスなどによって腸の運動がうまく働かなかったり、直腸に便がたまっても便意を感じられないことが原因で起こります。
『弛緩(しかん)性便秘』・『痙攣(けいれん)性便秘』・『直腸性便秘』などがあり、
これらは生活習慣や食生活を改善することで、ある程度の便秘の解消が可能です。



便秘の原因


胃や小腸で消化され、ドロドロになった食べ物は、腸に入り腸壁の筋肉が伸びたり縮んだりする「ぜん動運動」によって先へ先へと送り出されます。

この「ぜん動運動」がうまく行われないと、便は大腸に留まり便秘の原因となります。

大腸に長時間留まっているために水分が吸収されて便が硬くなり、 ますます出にくくなるのです。 これが便秘のメカニズムです。

 

順調に大腸を通過した便が直腸に達すると「便意」が起こります。
しかし、朝の忙しさや、トイレに行きたいのに我慢し続けると腸の働きが悪くなり
「便意」を感じなくなってしまい便秘になります。
これが『直腸性便秘』の原因です。

 

腸のぜん動運動は自律神経によって支配されていて、自分の意思でコントロールできません。日々のちょっとしたストレスは自律神経を乱し便秘の原因となります。
「ぜん動運動」の違いで次のような便秘の原因になるのです。

「ぜん動運動」が強すぎる → 『痙攣性便秘』
「ぜん動運動」が弱すぎる → 『弛緩性便秘』


『弛緩性便秘』は高齢者に多く見られます。

 

ガマン

つい「ガマン」をすると直腸から脳への信号が低下し、トイレに行きたいという感覚がなくなります。その結果、腸内の便の滞留時間が長くなると水分が抜けて小さく固くなる為、出にくくなるのです。

偏食

ダイエットが原因に!食事の摂取量が少ないと食物残渣(便の素)を直腸へ送る動き(ぜん動運動)が弱まるため便秘になりやすいのです。

ストレス

旅先などでの便秘は、一時的なストレスによって自律神経のバランスが乱れるからです。

加齢による便秘

年を取るとお腹の筋肉が弱まり腸の動きが悪くなります。それは、運動不足が拍車をかけてしまうことも!また、糖尿病や高血圧、痔などが便秘の原因の病気でもあり、薬を飲んでいる際に副作用として関係していることもあります。

妊娠による便秘

妊娠中は、黄体ホルモンが活発になり、さらに子宮も大きくなるため腸を刺激し便秘となります。定期検診の際に医師に相談し、便秘薬はおだやかな薬に変えてもらい、長い時間をかけて生活習慣を改善していきましょう。
便秘の陰に隠れている「大腸がん」等の病気にも気をつけましょう!


便秘解消で素肌美人



 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-20:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp




| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |