便秘を改善するには

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 便秘解消のお話 > 便秘を改善するには 

 
 

便秘を改善するには

 


便秘を改善するには・・・

 

■ 規則正しい食生活

人間の体は、食べ物が口から胃に入ると
「口・結腸反射」が起こり便意をもよおすようになっています。

この反応が特に強いのは朝です。
朝食は便秘解消の大切なカギでもあります。


朝食と摂る時間がない方は、牛乳やビスケット、果物、スープなどでもOKです。
敏感な人は、1杯の水、ガムを噛む、歯を磨くといった刺激だけでも「口・結腸反射」が起こるほどです。



■ トイレは我慢しない

トイレに行きたいの我慢し続けると、 体の持つ排便反射が起こりにくくなります。

便意を感じたら我慢しないで必ずトイレに行くこと、
もし便意がなくても食後5分位トイレに座りましょう。

ただし、5分以上頑張ると肛門のしまりが悪くなったり、痔になったりするので気をつけて!


 

■ 適度な運動とマッサージ

運動不足は血液の循環が悪くなり、本来の腸の運動リズムを悪くします。 腹筋運動は、お腹の血行を促進して銀杏の働きを高め、 便を押し出す力をつけるためにも有効です。


ウォーキングや水泳などの全身運動や、 外出や通勤時に早足で歩いたりすることでも腹筋運動になります。

また、 おへそを中心に手のひらでお腹を「の」の字にマッサージすることなども便秘解消に効果的です。



■ バスタイム活用

 

腸の働きが鈍くなっているタイプの便秘の人は、
ぬるめのお湯にゆっくりと入って、しっかり体を温めましょう。

反対に痙攣性の便秘の人や下痢気味の人は、
熱めのお湯に短く入るようにするとよいです。




■ 食物繊維をたっぷりと

食物繊維は、水分を吸収して便を柔らかくしたり、
便の量を増やして大腸を刺激し排泄を促す働きがあります。

日本人の食物繊維摂取量は大幅に減っていて、
1日の必要量25gの2/3しか取れていない状況です。

野菜、キノコ類、果物、イモ類、豆類、海藻類などでしっかり食物繊維をとりましょう。



■ 整腸に効果大の乳酸菌

乳酸菌が整腸にいいと聞いたことはありませんか?

そもそも、乳酸菌とは、私たちの腸内の約100種類、約100兆個もの腸内細菌のうち、
働きや人体に対する影響から"良い働きをする"有用菌と、
"悪い働きをする"有害菌がいる中の、有用菌の代表なのです。

    有用菌には、


     ☆腸の運動を高めて便性を改善する

     ☆有害菌の腸内増殖を防ぐ

     ☆有害物質の生成を抑える

     ☆腸内腐敗を防ぎます

     ☆免疫力を維持し体の抵抗力を強める

 

などの効果があり便秘改善には抜群です。

ただ、乳酸菌の種類は多く、自然界のあらゆるところに分布していますが、そのすべてが人間の腸内で生きられるものではありません。

人間の腸内で働くためには、まず胃液や胆汁の殺菌力に耐えて、生きたまま腸内に到達できることが必要なのですが、必要十分な乳酸菌を腸に届けようとすると、大量のヨーグルトなど乳酸菌の入った食物を摂らなければなりません。

 



■ 確実に腸に必要量の乳酸菌をとる方法

そこで考えられたのが、僅かに腸内に到達した乳酸菌を増やすことです。

胃酸や体内の熱にまったく影響されず速やかに腸に届き、
腸内有用菌を活性化させる有用菌のエサを与えればよいのではないか?


と考えたわけです。


そのエサが、
乳酸菌・酵母菌生産物質「潤性蘇菌」です。

「潤性蘇菌」は、
ニンニクを主原料とした乳酸菌生産物質(乳酸菌が増殖・増強する過程に出す分泌物)で、
腸内に存在する全40種類の善玉菌分泌エキスを配合した加工してできた腸内細菌改善食品です。




■ 簡単便秘改善法

朝、忙しくて食事の時間がない人

牛乳で潤性蘇菌を1包 ⇒ 5分間のトイレタイム ⇒ 昼食前、夕食前に潤性蘇菌を1包

 

朝トイレタイムは無理という人 

毎食前に1日1包、潤性蘇菌 ⇒ 昼又は夕食後、5分間のトイレタイム

 

長年便秘で悩んでいる人 

忘れずに夕食前に水で潤性蘇菌を1包 ⇒ 朝の目覚めの頃に腸内環境がバッチリ ⇒ 朝食前にも潤性蘇菌を1包 ⇒ 5分間のトイレタイム ⇒ 昼食前に潤性蘇菌を1包

 

★水なしでも飲めるから、手軽にいつでも飲むことができます。

★毎日続けることで、腸内のバランスを維持します。








 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-20:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp




| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |