便秘解消の儀式

文字サイズ
[ お問合せ ]

 HOME > 便秘解消のお話 > 便秘解消の儀式

 

便秘解消の儀式

 

便秘解消の儀式


《1》 朝、起きたらすぐに水を飲む
《2》 朝食をとる
《3》 便意がなくてもトイレへ
《4》 おなかをマッサージ
⇒ 朝、起きたらすぐにコップ1杯の水を飲みます。胃腸が活動を始める前の方が刺激が伝わりやすいのです。
⇒ 朝食を必ずとります。朝食をとる事で腸のぜん動活動が更に促されます。
⇒ 便意がなくてもトイレへ行く習慣をつけましょう。この時、おへそのまわりを10〜20回、なでるようにマッサージすると効果的です。
⇒ トイレに新聞や雑誌を持って入ると便意の方への神経が行かなくなります。
⇒ 5分くらいをめどにトイレに入りましょう。


便秘薬は、どんなクスリ?


便秘薬で多いのは「大腸刺激性下剤」と呼ばれるものです。 これは結腸の神経層を刺激して運動をさせ排便を促します。

 


<服用の際の注意点>

安易に便秘薬に頼ろうとするのは少し待って下さい。使い過ぎると体が慣れてしまい便意が減少していくこともあります。つまり、薬なしでの排便が困難になる場合もあるのです。

便秘薬は、急性の便秘の時(旅先での便秘)などに使うとよいでしょう。

市販の便秘薬の多くは弛緩性便秘に有効なものです。弛緩性便秘というのは腸の蠕動運動が弱くなっている状態のことです。この弱った腸に刺激を与えて排便を促します。ですから、お腹が痛くなるタイプの方(けいれん性便秘)には逆効果です。


慢性の便秘に一時的に使うには効果的
ですが、大事な事は、便秘薬を使ったあとは生活習慣を見直すことが便秘の正しい解消法となります。




 

一箱 30包入り



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

〒803-0843
北九州市小倉北区金鶏町13-24
月-金曜日 9:00-18:00
Free Dial 0120-530-198
Fax 0120-795-556
E-Mail info@yamano-life.jp




| HOME潤性蘇菌のお話乳酸菌のお話腸内環境のお話便秘解消のお話下痢解消のお話宿便解消のお話
ニキビ便解消のお話 | ご注文ページ会社概要 | 特定商取引法ヤマノのお問い合わせフォーム | サイトマップ |