HOME > お料理レシピTOP > 福岡先生 レシピ集2

お料理レシピ : 「福岡先生 レシピ集2」

福岡先生のマカ料理レシピ集2 レシピ集1はこちら
マカパン

マカパン

マカパン

材 料:(30cm)
〇強力粉 300g
〇マカ 15g 
〇インスタントドライイースト 大さじ 1.5 (9グラム)
〇砂糖 30グラム
〇バター 10グラム
〇くるみ 90グラム
〇塩 小さじ 1
〇水 150cc
〇牛乳 50cc

? 強力粉、マカ、イースト、砂糖、塩を混ぜます。
? やわらかくしたバターを加え、牛乳と水を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。
? ボールの中で生地がなめらかになるまで打ちます。
? くるみを混ぜ、一次発酵させます。ふきんをかけて温かいところに置き、2倍くらいの大きさに膨れるまで放置します。目安として60分くらいです。
? ガス抜きをします。
? 生地を広げて1.5cm厚さ、25cm×30cm四方に麺棒で伸ばします。
? 生地を端からくるくるとロール状に巻き、巻き終わりを下にして二次発酵させます。大きさが1.5倍くらいになるまで放置します。目安として30分くらいです。
? 180‐190℃にあらかじめ温めておいたオーブンで30分強焼きます。

食べた感想
皮はパリッ、中身はしっとりふわっとしていて、くるみの食感と風味との調和が絶妙です。一本ペロッと食べられてしまいそうな、後を引くおいしさです。マカの色が出て、生地はほんのりと茶色。やっぱり焼きたてが美味しいですから、大目に作って白焼きにして冷凍し、食べる分だけその都度焼くのがいいですね。こんなに美味しいパン、滅多にお目にかかれません。パンの風味を生かすために、バターや砂糖は少なめにしてありますから、さっぱりしています。バターやジャムをつけて朝食にしてもおやつにしてもいいですね。
 
マカクッキー

マカクッキー

マカクッキー

材 料A:(25cm四方) 
〇薄力粉 100g
〇グラハム粉 50g (全粒粉でも可)
〇マカ 10g
〇上白糖 大さじ 5
〇ベーキングパウダー 小さじ 2
〇バター 60g
材 料B
〇卵黄 1個
〇牛乳 50cc


? あらかじめ粉とベーキングパウダーはふるっておきます。
? Aを混ぜます。バターは小さく切って、切るように混ぜます。ある程度まざったら、手でそぼろ状になるようにまぜます。
? Bを合わせ、?に少しずつ混ぜていきます。生地がまとまらない場合は、牛乳を少し増やします。
? 生地をまとめ、厚さ1センチに平らに伸ばします。
? 170℃(中火)で25分焼きます。

食べた感想
サクサク感がとってもいいですね。小麦粉だけでなくて、グラハム粉が混ぜることでマカの香ばしさが引き立ちます。甘さ控えめで何個でもいけてしまいます。生地をしっかりと作ったアイスボックスクッキーのようなパリっとタイプもいいけれども、福岡先生のオススメは生地を練らないで作るサクサクタイプです。
 
マカパフェ
マカパフェ 材 料
〇市販のアイスクリーム 適宜
〇つぶあん 適宜
〇ホイップクリーム 適宜
〇マカ 適宜

? アイスクリーム、つぶあんをデザート皿に盛り付け、ホイップクリームを飾り、上からマカをふりかける。


食べた感想
マカとアイスクリーム、あんこ、クリームを一緒にお皿に盛ろうだなんて、他の誰が思いついたでしょうか。意外や意外、アイスクリームとも、あんことも、ホイップクリームとも相性が抜群なのです。特に、全部一緒に食べるといいみたい。マカの苦味をアイスやあんこの甘さとクリームのこってり感が和らげてくれるようです。マカのほのかな甘味と香ばしさがアイスやあんこにマッチするのかもしれません。マカ+ホイップクリームは、ミスマッチな気がしますが、これは是非ともお試しいただきたいものです。
 

ヤマノ ニュートリューションシステム

妊活メルマガ講座

ヤマノ天然素材研究所はこちら

ヤマノ天然素材研究所

ペルーの現地法人はこちらから

現地法人サイトはこちら

スタッフのブログ

しあわせsazuca写真館

販売元 ヤマノ

〒803-0843

北九州市小倉北区金鶏町13-24

(平日) 9:00~18:00

Free Dial

0120-530-198

Fax

0120-795-556

E-Mail

info@yamano-life.jp